EDと早漏疑惑の人にはエクストラ・スーパータダライズ   >   勃起の持続時間

勃起の持続時間

勃起不全かどうか知る為に持続時間を確認する

男性のなかには、勃起してもそれが持続されないことで不安に思っている人もいるでしょう。どれだけの時間、勃起が持続できれば十分と言えるのでしょうか。

一度勃起してから20代から30代の男性は、刺激が無い状態で約1分〜2分は勃起を維持できるようです。

そして、加齢とともに持続時間は低下していきます。40代男性は30秒〜1分以内、50代から60代は15秒〜30秒程度です。

ただし、これは刺激を何も受けない状態での勃起持続時間です。実際のセックスは他からの刺激を受けるので、より長いと考えて良いでしょう。

また、女性の反応などで興奮を増すこともあります。そのため、セックスをスタートしてから勃起状態になり、射精直前まで勃起状態を維持することができれば問題ありません。

しかし、なかには興奮してもペニスの硬さが不十分だったり、外部から刺激を受けても途中で萎えてしまったりすることがあります。

女性の膣内に挿入している時に、途中で萎えてしまうことを「中折れ」といいます。

このED(勃起不全)を引き起こす原因にはストレスや不安、プレッシャーなどが関係しているといわれています。

ストレスがかかると、脳が興奮状態に集中出来なくなり、勃起力が低下してしまうのです。

また、オナニーのしすぎが原因になることも。それは、1人で行うオナニーはセックスにかける時間よりも短く済ます人がほとんどでしょう。

そのためにはオナニーの方法が深く関係していて、その方法に慣れてしまうことでクセとなり、本番の女性の膣内では勃起が維持できなくなることがあるのです。

もし勃起の持続時間に不安を感じた場合には、通販で購入出来るED治療薬などを服用して中折れ改善に努めることが大切です。