EDと早漏疑惑の人にはエクストラ・スーパータダライズ   >   EDと早漏の関係

EDと早漏の関係

勃起不全と早漏が直接的に関係するのか知る

全く勃起しなかったり、勃起するまでに時間がかかったり、中折れしたりする「ED(勃起不全)」と男性が挿入時や挿入直後の2分以内に射精してしまう「早漏」は真逆のことのように思う人もいるでしょう。

しかし、これらの2つにはとても深い関係があります。

それはED患者が早漏を併発することが多く、そして早漏を発症したことからEDにつながってしまう人もいるのです。一体どういうことなのでしょうか。

EDの人は勃起時間が短かったりして、勃起状態を維持しようとすると強い刺激が必要になることが多くあります。

その行動には、刺激の途中で萎えると射精が出来なくなってしまうという焦りがあるといえるでしょう。

そして短時間で強い刺激を与えるようになるので、射精までの時間が短くなることが多くなります。こうしてEDの人が早漏を発症することは多く確認されていて、1/3程度のED患者が早漏も発症していることが分かっています。

さらには、そうした短時間の射精はクセになることもあるので、オナニーのやり過ぎによって早漏を発症する人もいるようです。

早漏の男性は、セックスをしても女性より早く射精してしまうという恥ずかしさやもどかしさなどから自身を無くしていってしまい、それによるストレスやトラウマによって中折れなどの勃起不全につながってしまうことがあるのです。

それぞれ肉体的な原因や他の病気の影響、ということもなかにはあるでしょう。しかし、特に深く関係しているのは、心因性です。

セックス自体の経験が少ないことによる緊張や何らかのストレスによって神経バランスの乱れ、過度の興奮がEDや早漏に影響しているのです。

一般的な男性は、交感神経と副交感神経のそれぞれが交互で優位に働くことを繰り返されているので、勃起持続と射精にかかる時間が短くないのです。

この交感神経と副交感神経のバランスが乱れていることが、EDや早漏の原因になったり更なる悪化につながってしまいます。

これを治す為には、現在なら通販を活用することができます。これまではED治療薬や早漏に対する治療薬はそれぞれ取り扱いがありました。

しかし今は、エクストラ・スーパータダライズという早漏にもEDにも効果が期待できる治療薬があるのです。

これらを活用して、EDと早漏どちらもうまく治療していきましょう。